Link to home page Orders Chinese Language
alt

About us

Australian Spirulina と TAAUオーストラリア

TAAU オーストラリア Ltd は,1996年創業以来,トップエ
ンド(オーストラリアの北の頂点)と呼ばれるダーウィン
にて,健康食品スピルリナを商業的に培養,商品化してき
ました.オーストラリアでスピルリナの培養,商品の認可を
受けているのは私たち

TAAUオーストラリアだけです.私たちのスピルリナは,
100%オーストラリア産,100%純粋のスピルリナです.
私たちは,スピルリナの栽培に除草剤や殺虫剤を一切使用
しません。私たちのスピルリナは,衛生管理の整った環境
の中,純粋なミネラルウオーターと品質の良い栄養とで育
っています
.

growing ponds

我が社の歩み

* 1996年から1997年
商業計画をノーザン.テリトリー政府、関係各省に提出.
国土省、環境省、水産省ここで重要かつ困難な計画は,
台湾から生きたスピルリナの源種をオーストラリアへ
輸入することの許可をダーウィン水産業センターの援助
の下得ること.この段階で約 AU$ 200,000の投資.


1997年から1998年
商業計画は受諾され,スピルリナの栽培に適切な土地を取得.
土地開発と工場の建設に着手。水の質を確かめるための地
下水のテストを行なう. 研究所と倉庫を含む建物の完成. この段階で約 AU$ 500,000の投資. *

1998年から1999年
オーストラリア政府検疫所から生きたスピルリナの原種を
受け取リ, 研究所での試験的栽培始まる.研究所で研究,試験 が繰り返され,小規模な屋外での栽培施設を建設.この段階
での研究目的は、地元でもっとも有効な栽培方法を編み出し, 肥料の種類と量を決定していくこと.この段階 で約 AU$ 1,000,000 の投資. *

1999年から2000年
初期段階での開発事業が終了する.初期商業計画に対する
評価は肯定的且つ将来性のあるものと判断.評議員会で, 商業的生産の本格的開始と,施設の拡大が決定される.96
個の栽培水槽(50 M X 10M)と種用水槽が建設され,
スプレー .ドライシステムも購入、設置される.この段
階で 約 AU$ 3,500,000の投資. *

2000年から2001年
小規模生産が始まる.試験的生産結果からスピルリナ生産に
関わる開発の認可が下りる.製品化に必要な設備を海外から
輸入,初期計画の目標に達するよう小規模な商業的生産に着
手.試験的に生産された商品は,少量ながら成功.サンプルは
各研究所に送られ調査報告を集める.調査報告は商品の質の 高さを証明する結果になった.スピルリナの生産特許の申請
をLPオーストラリアに提出.初年の試験的生産では 4トン
の 粉末スピルリナを生産.

2001年末
に台湾へ輸出.*

2002年
試験的大量生産の開始。生産規模は全面展開で生産した
場合のの50%.この段階での目的は大量生産した場合の
肥料の量や費用,人件費,燃料費など含む実質的な生産費
用を割り出していくこと.2002年の生産量は粉末で20
トン.品質の改善を果たすため,スピルリナのタブレット
化を計画し,粉末からタブレットへ,そしてパッケージ化
の全工程を自社独自に現工場で進めることを準備する. 中国を始め,インドやタイなどと比べ,生産費用が非常に
高いことから,高品質の商品開発と商品価値の拡大で市場
の拡大を目指す.医療目的に様々な化学的研究団体と協力.
スピルリナのサンプルを提供し,画期的研究成果を生み出
す.将来,人的試験が行なわれれば,現段階以上の価値がオ
ーストラリアン スピルリナに加えられる考える.

オーストラリア政府から20年の生産特許を得るが将来的
にはグローバルレベルでの特許を申請予定. *

2003年
タブレット化施設が完成し,健康管理局よリスピルリナの
生産許可を得る.タブレット化の試験は成功し,オーストラ
リアン スピルリナの登録商標のデザインも完成,オース
トラリアン スピルリナとして商品登録される.商品の市
場進出は準備され,この年,50~60トンの生産を見込む.

Tableting facility

 

オーダーフォーム

オーストラリアン.スピルリナの注文や値段に関する情報はこちらから

スピルリナについて

スピルリナの有効性,科学的調査結果など優れた情報がいっぱい.